« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月30日 (木)

カンバセーションズ

思ってたのと随分違いました・・。画面二分割は、まさかの最後まででビックリ。ずっと鼻についてイライラさせられ気味でしたが、最後の最後は効果的だった。あと、回想シーンを流れのままで見せられるっていうのはちょっといいなと思ったり。二人の会話がちょっと、というかカナリ臭くって・・まあ、リアルだとあんな感じなんでしょうけど、そんなの見せつけられても、なんて思ってしまいました。途中何度もやめようかと思いながら観てたけど、翌日になってみると、何故か残るものがある。考えさせられる話。★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インファナル・アフェア

これ、ハリウッドリメイクもあったそうですが、ハリウッドでだったらまったく興味持たないだろうなー。ちょっと強引な脚本も俳優と演出の渋さで乗り越える。香港マフィアLOVEです。★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バーン・アフター・リーディング

BURN AFTER READING・・・読んだあと燃やせ?自動的に爆発?どーゆー意味だろと思ってみましたが、正解は、「機密文書」ってことくらいでしたかね。スッゴクおもしろかったです。コーエン兄弟は大好きですが、「ビッグ・リボウスキ」が一番好きなくらいなので、まあ、ツボです。ジョージクルーニーがカッコ悪くてよかったです、くだらないことのオンパレードですが、最後、ありえないくらいくだらなくまとまって終わるのがサイコー。最後のCIAマンの歌は、書き下ろしかなぁ。もともとあった歌だったりしてもすごいなあと話してましたが、そんなことはないか。★★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月22日 (水)

フィッシュストーリー、二十世紀少年

仕事が暇なので映画ばかり観ています。って程でもないか。シネクイントのチケットリターンシステムで1000円で観ましたが、レディスデイ、日曜最終回、映画の日など1000円で観れるサービスはっほんと素晴らしいと思う。ハシゴしたくなるもん。フィッシュストーリーは、好きでした。でも「アヒルと鴨のコインロッカー」の方が好きだったなあ。最後のカタルシスを、期待しすぎでしたでしょうか。この間友人が、多部未華子の演技について厳しいことを言ってたので思い出したりしちゃいました。松たか子と蒼井優はどーしようもない役やらせても、ちゃんとやれるけど・・って。松たか子と比べられても可哀想ですが。映画は、音楽もよかったです。★★★

壊れた韓国製のDVDプレーヤーにとって変わるべくの国産プレイヤーを買って帰宅。何か観たいので「二十世紀少年」をかりて帰る。いろんな人が出てて楽しめるけど、映画に、見えない・・・。これ、マンガのコマ割りとほとんど同じで撮られたと聞いたことがあるけど、だからなんでしょうか。ドラマでもないし、マンガってこと・・?不思議な感覚でした。第2章も観なくてはならないのかと、観終わって徒労感。でも気になってたしね、観てよかったことに。★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月20日 (月)

クローズZEROⅡ、スラムドッグ・ミリオネア

天気もよく映画日和。いいセレクションでした。クローズZEROは前作で個人的に大ヒットだったもの。Ⅱは・・うーん、かなりのパワーダウンでした。楽しめはしましたが。その理由は、おそらく、観る前から友達と言ってたんだけど、「小栗旬オーラが落ちてるよね?」ってこと。頭の小栗旬のオーラにかかってる映画なのに、実際・・・前回ほどの圧力を感じず。ストーリィもあったとは思うのですが、なんでしょうね、最近どうしたのでしょうか。「僕らの時代」で藤原竜也と海老蔵と対談してたときにはやっぱり面白い兄ちゃんだなあ、とは思ったけど、まあそんな程度だったしなあ。前作に負けてた二つ目の理由は、ズバリ!山田孝之の出番が少なかったことでしょう。相変わらず小栗旬を食ってましたが何しろ出番が前回よりは少ないので。彼目当てに行ったので、残念でした。今回の収穫(笑)は、なんかいい、俳優を見つけたこと。検索したらその名は遠藤要という人でした「。戸梶勇次役です。前回オーディションで三池崇史に見出されたとか。ちなみに一緒に見た友人が、私がイイナと思った子がいたと言っただけで、彼でしょう?と当てました。趣味を完全に把握されてる~スゴイ。毎度ですが、これからの日本映画は若い役者が揃っていて本当に楽しみ★★★

二本目のスラムドッグ・ミリオネア。評判通り素晴らしかったです。個人的に、三度目のインドに行ってきた所だったので、なんかリアルでした。ムンバイ駅も知ってるし、ほぼスラムに迷い込んだこともあるし(危ないよ・・)、あの電車も、乗ったもんね!な感じで臨場感抜群。原作も面白いんだと思うけど、同じ話でももっとつまらなくもなるよねえ。とずっと思いながら観てました。やっぱり脚本、演出の手腕でしょう。プロのお仕事を見た気がしました。最近、大味なストーリーの作品が苦手だと思って落込んでいましたが、やっぱりそんなことない!ハッピーエンドでも、盛り上がりがあっても、繊細につくられたものはやっぱり好き!最後のボリウッド風のダンスのエンディングが最高でした。カタルシスを感じたなぁ。クレジットの絵もカッコよかったです。★★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月16日 (木)

フロスト×ニクソン

解せない…。色々。1、心理戦が全然盛り上がらず強引に転換してて興ざめ。1、フロストのキャラのつくりこみが甘あま。どっちに感情移入するようにつくられた脚本だかわからなかった。1、フロストチームの準備のツメも、チームワークの盛り上がりもどちらも甘く、なんで勝てたのか不思議なくらいだし、勝ってもキモチが昇華せず・・っていうかあんな甘あまで何で勝てたの?!運かよ。カタルシスがまったくなかった。期待してたので、お姉さんはガッカリだよ。。フロストのベシャリの凄さとか、狡猾さとかもっと期待してたんです。フロスト、駆け引き下手すぎじゃね?ホントにただのトークショウの司会者だったんだ。ニクソンは、まず、手がでかっ!やっぱり器のでかい、圧力のある人間は手もでかいのか・・・なんて関係ないところで感心してましたが。ってしかも役者だけど。レディスデイで1000円じゃなければ、お姉さんは泣いていましたぞ。★

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年4月15日 (水)

シェルブールの雨傘

よかったあ。二度目かと思ってたけど、観たら初めてでした。観てよかったー。ミュージカルって言っても、途中歌とか入る程度かと思ってたけど、台詞もぜんぶ歌でした。そしてすごくすごく聴いたことのある曲ばかり。いやー、ドヌーブかわいいし(何かに?ジュヌヴィエーブって名前付けたくなるくらい)、ストーリィも、よかったなあ。最後に向けて、さらにどんどんよくなっていった。終わり方も、いいね。恋愛って、こういうものなのね~。いやー、いいです。ファッションもインテリアも最高でしたが、いちばん気にいったのはストーリィかも。オープニングの、雨の降る石畳の路地を真俯瞰から撮る絵も最高でした。傘と、自転車と、雨と。シェルブールって自転車の街?それとも時代?ミシェル・ルグランって本当にすごいなあ。ロシュフォールの恋人達、多分観たことのあるのがこっちだったと思うけど、そっちも観たくなりました。あと、何気に幸せな気持ちになったのは、歌われるフランス語の台詞が歌だからすごくゆっくりで、そして簡単で、ほとんど聞き取れた、ということ。まあ、字幕があったからなんでしょうけど、フランス語、わかるじゃん!もっと勉強しよう、って思いました。昔この映画観てればもっと勤勉意欲も湧いたろうに・・この映画に出会えなかった昔の私に同情。いやー、素晴らしい。ポスター、玄関に、貼ります。★★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月13日 (月)

バタフライ・エフェクト

年末にテレビでやってたのを録画しておいて・・みました。4ヵ月半ずれただけで、途中にはさまるCMの古さ具合に、ぎょっとしました。こうやって、月日は流れて流行は変わり・・と、映画の話。こんなお話だったのですね。いわゆるタイム・トリップ(トリック)・ストーリーテリング的な(英語的に完全に間違ってそう)。ずっとこの男の子かわいいなあ~なんて思ってて最後のクレジットでアシュトン・カッチャーと出てきたときには、ああ!コレがか、なるほど!と。やっぱり人気の出る人ってみんなが反応するからなんだねー。映画は、おもしろくなくはなかったけど、うーん、あんまりおもしろくなかったなあ。時間軸の行ったりきたりにおつむの弱い私はついてゆくのに疲れてしまったよー。あと、やっぱりタイムトリックの新手法で、みたいな「ガワ」の頑張りばかりが目について、中身が追いついてなかったような読後感。まあ「ガワ」の映画なのでいいのか。やっぱり「ガワ」にしても「見どころ」にしても派手で出張ったのは苦手だなー。これも人気作だった気がするのですが。★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 6日 (月)

007慰めの報酬

忘れてたけどこれもインド行きの飛行機でみました。機内のあの小さなスクリーンで、日本語吹き替えで見たから・・?うーん。眠気と戦うのに必死。まあアクション映画好きじゃないしね。007って話ちゃんと知らないしね、でも、世界の美女が出てくるたびにはわくわく。あとシリーズ毎度かもだけど、オープニングのクレジットの演出は、みれて、よかったなあ。いい映像であそこだけもう一度みたい。★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »