« 鬱の時代を生きる | トップページ | ヤッターマン »

2009年3月 3日 (火)

罪とか罰とか

ケラリーノ・サンドロヴィッチ監督。ケラリーノ劇団の劇団員さんがたくさん出ていました。この間観た犬山イヌコさんも、池谷のぶえさんも、あと「あれから」の高橋ひとみも、余貴美子さんの義兄さん役だった人も。赤掘雅秋さん。あの人あのお芝居でいっぺんでファンになってしまったので、うれしかった(ハート)。奥菜恵がいちばんよかった。ああいう役もできるんだー。キレキャラが板についたサトエリよか(この人こういう役しか来ないことに気づいているのだろうか・・)50倍くらいよかったです。いまいち残念だったのが主役の成海璃子。おそろしく太っててちょっと引きました・・。でもこの状況を利用したキャスティングだったのだろうか、ってくらい、ダメなアイドルには合ってはいたけど・・なんか、彼女の出ていないシーン(あんまりないけど)のキレはいつものようにとてもよく、彼女の出ているシーン(けっこうほとんど)が、なんかもったりしてて、笑えないかんじでした。下手なのか、まあ、コメディに向いてないってことなのでしょうか。唯一とてもよかったシーン、「違うの!私以外の頁がぜんぶ逆さまなの!!」。いいです。しかし、肥え過ぎでしょー。走るシーンとか、生脚のヒールにスカートとか、普通にいそうなもたついた女・・そういう意味では役にはまり過ぎたとも言える。なんかこれまでになく笑えなかったのですが大勢で観に行って、その仲間を気にしてたせいか?一日経って思い返すと、やっぱり笑える。でも成海璃子じゃない方が、よかったなーー。★★★

|

« 鬱の時代を生きる | トップページ | ヤッターマン »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1157347/28456855

この記事へのトラックバック一覧です: 罪とか罰とか:

« 鬱の時代を生きる | トップページ | ヤッターマン »